ナカムラ内装の施工紹介

鋼製下地工事

LGS(鋼製下地・軽鉄下地・軽天下地)


鋼製下地工事とは、軽鉄工事や軽天工事とも呼ばれ、LGSで骨組みを組んでいく作業です。

何もない空間に天井や壁の下地を造作します。

LGSとは『Light Gauge Steel』の略で軽量鉄骨下地とも呼ばれています。

この鋼製下地工事が普及し始める前は、木工事(大工さんが木材を使って作業)が主流でした。

鋼製下地工事のメリットは、木材などに比べて加工性が高く、曲げ加工も自在な所です。

また、鉄は不燃材料の為、耐火性や湿気にも優れており、リサイクルすることで地球環境にも貢献する材料です。

木工事と比べて材料費も安く、材料加工などの手間も軽減することで、作業スピードも大幅にアップします。

まだまだ一般住宅には浸透していない作業ですが、非住宅(店舗や病院など)の内装工事においては主流です。






 


ボード仕上げ工事

ボード張り(石膏ボード貼り・ケイカル板貼り)


ボード仕上げ工事とは、鋼製下地工事で組んだ天井や壁の骨組みに、石膏ボードなどをビス留めして天井や壁を造作する工事です。

石膏ボードの他にはケイ酸カルシウム板や岩綿吸音板と呼ばれる材料を主に使用します。

壁紙やペンキ塗装の下地となるため、この作業の出来栄えによって、最終的な仕上りや建物の居住性に大きく関わります。

仕上がりを左右する重要な工程です。

内装工事のなかでも取り扱う製品や工法が多く、常に進化が求められる職種です。





 


GL工事

GL工法とは


GL工事とは、GLボンド(石膏系接着剤)によるコンクリート面と石膏ボードの直張り工法のことです。

下地の骨組みが必要ないので、作業が省力化され工期短縮につながります。

一見簡単そうに見えますが、熟練の技術が必要な工法です。




耐震天井

耐震天井とは


耐震天井とは、地震で壊れにくい天井のことです。

クリップなどの部材の強度を高め、ブレース(斜め補強材、振れ止め)を設置し、さらに、壁との間に適切なクリアランス(隙間)を設けることで壊れにくい構造になっています。

ナカムラ内装は人が過ごす空間が安全でかつ機能的である事が重要であると考えています。

当社は『日本耐震天井施工共同組合(JACCA)』に加盟しており、

いつ起こるか分からない地震災害に備えて安心・安全対策に取り組んでいます。

また、技術者講習にも積極的に参加しており、天井耐震診断士や耐震天井施工技術者も多く在籍しています。




 


システム天井

システム天井とは


システム天井とは、天井の仕上板と天井に設置される設備器具(照明器具や空調器具など)を一体に組み立てる天井のことです。

一般的な従来型の天井は、下地にボードを貼り、設備機器は後から切り込みセットする方式であるのに対して、システム天井は、天井面の格子状や線状に組んだ骨組みにボードや設備器具をはめ込みセットする方式です。

機能性や適応性が高いことが特徴としてあげられ、主にオフィスなどの用途で採用されます。

ボードや設備器具は、はめ込み式のため、保守点検の簡便さなどのメリットも生み出します。





外壁サイディング工事

外壁サイディング工事とは


サイディング工事は戸建て住宅の70%以上の外壁に使われている主流の外壁工事です。
工場生産ゆえに高品質で均一化された性能とデザインの多様性で多くのお客様に喜ばれています。
施工においては躯体とサイディング材との間に空気の通り道を作る通気工法が、湿気を放出・乾燥させ結露の防止や冷暖房の効率アップに寄与し、住宅の耐久性と快適性を向上させます。
高度な施工技術が伴ってより効果を発揮します。





■完成物件のご紹介■

ナカムラ内装の完成物件の紹介


ナカムラ内装が施工した完成物件をご紹介します。






ナカムラ内装の施工実績(イオンモール鹿児島・アミュプラザ鹿児島・セブンイレブン・米盛病院・鹿児島市立病院)